\お金借りるおすすめ1位/

トップページ > 東京都下

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒でお金を借りたい」
「お金借りるならどこがいい?」

東京都下でお金借りるところをお探しの方に、大手の即日カードローンを紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日融資・即日審査に対応している安心・安全の大手消費者金融でのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日でお金借りるランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「身内にバレたくない」「仕事場にバレたくない」とお考えの方へ。WEB完結できるカードローンのネット審査ならば、誰にも見られずに申し込みすることが可能です。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

即日でお金借りるための基礎知識コラム

法律などによる何社までなら利用が可能といった規定が金融機関やカードローン会社に存在する訳ではないといえます。ただ、複数の会社を利用するとしても、最大で三社くらいです。なぜなら、それを超えてしまうと、返済状態などに関係なく、申込段階で、借入を拒否されます。複数の会社から借りている場合、新たな借入を行って、これまでに作った借金の返済をすることも少なくないからです。無職であれば絶対にお金借りるキャッシングは利用できないと思っている方も多いでしょう。しかし、一概にそうとも言えない場合があります。無職とは一般的に勤めておらず、所得もない状態を指しますが、婚姻関係があればキャッシングでお金を借りることができます。ただ、配偶者に十分な収入がないと厳しいです。また、借入限度額も会社員の場合と比較すると低くなるでしょう。他にも、無職の場合でもお金借りるキャッシングできる方法があります。例えば配偶者や家族が持っているクレジットカードの家族カードのキャッシング枠で現金を手に入れることができるでしょう。あるいは、年金で生活しているという人は業者によってはキャッシング可能な場合があります。キャッシングを行って三ヶ月返済が滞ると、裁判で手続きをしなければならなくなります。ということが載った書面が送られてくるのです。返済が滞っても、電話で連絡が来るだけなので、つい無視をして支払いを先延ばしにしてしまいがちです。しかし、裁判といった言葉が書面に書かれていると、怖くて知らないフリはできません。上手く使えば非常に便利なのがお金借りるキャッシングですが、期日までに返済が間に合わなければ裁判所から差し押さえ命令が下りてしまうこともあります。差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、給料を差し押さえられる場合、最大で4分の1までが対象となってしまいます。あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金の受取り口座を差し押さえられてしまったら、1円も手元に入ってこないということすら有り得るのです。そのような状況に直面しないためにも、返済の目途をちゃんと立ててキャッシングを利用しましょう。現金融資はカードを利用して行うのが主流ですが、近頃では、カードがなくても、キャッシングが可能です。ネットでキャッシングの利用申込をすると、銀行の口座に振込みしてくれるのです。カードを紛失する心配がありませんし、迅速にキャッシングを使用することができるでしょう。近頃は銀行やコンビニATMなどを使えば誰にも気づかれず、まるで自分の口座から引き出すみたいに借入金を手にすることができるようになりました。便利すぎるツールを上手に使いこなせるかどうかは、利用する側の計画性や自制心次第が大事だと思うのです。気をつけていないと便利さばかりが先行する危険なツールということになってしまいます。銀行などの対面方式なら相談もできて、比較的理想の選択に近づくような気がしますが、PCやスマホで事務的に打ち込んでいくだけなら、自分で自分に充分なフォローができるでしょうか。正直言ってわからないですよね。いろいろ迷うのであれば、対面での契約は利点があるかもしれません。一般的に現状の借入先以下の金利の会社に借り換えを行うのは、非常に有効な方法でしょう。ニつ以上の借入先があれば、借り換えで一つにまとめることができるのであれば、それに越したことはないでしょう。一本化を行うことによって、返す先が一つに限定されるので、簡単に返済の管理をすることができ、借り入れの金額が多くなることでこれまでよりも金利が低くなることも考えられます。私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。内訳は、十万と二十万ずつです。合計二万円を毎月返済中です。ところが、どちらの業者も最大利子での貸付でしたから、返済を続けても、なかなか利子を含めた返済額を完済することが出来ません。他の消費者金融で借り換える事も考えたのですが、どの消費者金融でも、審査の段階で断られてしまいました。それほど大きな金額ではありませんが、初めてのカードローンで今は大きな悩みが出来てしまいました。キャッシング枠が設定されているクレジットカードを用いて借り入れをおこないますと他の方法と比べてもかなりスピーディーです。カードが発行されて手にしたときにはすでに融資を受けるという利用をする場合の審査に関しても特に何の支障もなく済ませてあるわけなので、決められている借り入れ限度額の上限までならばご自身がいちばん利用しやすい引き出し方法を選択して素早くご自身の手元に現金を入手するための借り入れをすることに成功しますので是非参考にしてみてください。借入の限度を年収の三分の一までとするという「総量規制」がキャッシングを利用する際には、適用になるのです。ただし、この法律については消費者金融のフリーお金借りるキャッシングとクレジットカードに設定されたキャッシング枠を使ったケースで当てはまるものです。金額に関係なく銀行のカードローンの借入は当てはまりません。また、どんな契約だとしても、銀行で借り入れた場合には総量規制対象ではありません。色々なところで取り扱われていますが、やはりカードローンの契約は大手業者を選ぶのがおすすめです。それ以下の業者と比べて使いやすさが断然違います。わざわざ有人店舗に行かなくても、自動契約機やインターネットでも申し込むことができ、急な借入や返済も全国のコンビニATMで行え、期間内であれば無利息になるサービスも用意されています。各々が異なるサービスを用意していることがあるので、そういったサービス内容で検討するのもよいでしょう。近頃では、大規模な業者になれば仮審査用の画面をウェブ上に作成してあります。ここに必要情報を打ち込めば、借入れ可能な状態かすぐに判定されて分かります。しかし、歳や年間の収入、他で借りている額はいくらか、借りたいと希望する額等の正確に判定するには項目が少ない予備的な審査ですから、もし借入可能の判定であっても、借入可能だという保証にはなりません。使用する際は、保証された答えではないことを念頭において使用しましょう。キャッシング会社を初めて選ぶときは、カード1枚で借りれるカードローンが利便性があって一枚作っておいて損はないと思います。窓口に行くのは気後れしますが、いまはネット環境さえあれば申込できて、いわゆる本人確認はアプリやFAXを使って社員証などを送れば出来るので、素早く手続きが完了します。飲み会みたいな小額なら収入証明なしで即日融資が受けられ、一括で早期返済すると無利息という会社もあります。一人であまり悩まないためにもカードを作っておくことをおすすめします。お金を借り入れる際には書類や口座などさまざまなものが必要と思われていますが、実際にはそれほど多くないのです。昔の経験で話している人が多いので、間違った認識があるのでしょう。金融業者ごとに独自のルールがあるかもしれませんが、それでも写真付きの免許証やパスポートがあったら、OKです。顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、借りる側の姿勢によるところが大きいでしょう。返済が長期化すると総支払額が増えますし、短くすれば月々苦しいです。でも、それをどう感じるかは性格やライフスタイルで違ってくるはず。どのようにすれば無理なく完済できるか考えることが大事だと思います。プロミスで借入れを行う場合、申し込み方法は大きく分けて四通りありインターネット、電話、店頭窓口、ATMから申請できます。『三井住友銀行』や『ジャパネット銀行』の口座を利用されている方であれば、お金借りるキャッシング申請の受付が完了して10秒程度で手元に入金されるサービスを利用することが可能です。他にはない女性だけの専用ダイヤルも準備されていますし、何より30日間も無利息で利用できるサービスもあるのでプロミスのキャッシングが人気の理由といえるでしょう。少しだけのキャッシングがしたいけれど、キャッシングで借入が行える最低の額というのは、どれぐらいなんだろう、と考える人も多いと思います。答えは一般的に個人融資によるキャッシングの最低金額は、1万円ということになっていますが、千円単位からのキャッシングを行っている金融会社もいくつかあります。クレジットカード会社などからキャッシングする時はどこかに出向くことなくスマホだけでお金を借りる方法を探すと即日融資の可能性が高まり、時間がないときにも使えるので役立ちます。スマホから融資の依頼をする利点は電車やバスに乗っている時でも自分の都合のよい時に気軽に必要な情報の入力を行ってそのまま送信でき、とっさにまとまった額のお金が必要な時にも有用でしょう。例えば急な融資が必要になったり、まとまったお金が必要になることは誰にだって起こり得るでしょう。そんな時、他人に借りるのではなく、例えば銀行などの金融機関でお金を借りたいという人も少なくありません。ですが、銀行も無条件でお金を貸してくれるわけではありません。申請に当たっては複数の書類を揃えなければなりませんし、審査を通過できないこともままあります。中でも、保証人の登録は、融資の目的と返済計画を理解してもらえる相手を見付けなければなりませんので、銀行で借り入れるの際の大きなハードルになります。銀行は手続きが面倒、でもお金が必要、という場合にはキャッシングがおススメです。個人でお金を借りることができるのでたくさんの人が活用しているようです。私自身の経験から、最も安心してお金借りるカードローンを組めた会社はどの会社だろうかと考えてみると、三井住友カードローンが一番良いと感じています。まず大手銀行系ですから安心感があります。また、使いやすくて便利なのも良いですね。条件によっては希望金額まで借りられないということがあるそうなのですが、これまでのところ、審査は全てパスしています。安易な気持ちでお金借りるキャッシングに手を出すのはあまりよくないことですね。今までどおり仕事をしていれば、返せるだろうなんて考え方は甘すぎます。時にはその仕事さえも奪いかねないのが返済させるための取り立てなんです。勤務先に取り立ての電話がかかってくることにより勤務先に居づらくなり仕事を辞めた人をいっぱい知っています。

東京都下の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス